楽々マイスター

楽々Framework(ローコード開発ツール)の設計思想に
基づいた効果的な仕様作成方法やコーディング方法の開発支援

  • 01 課題と目的

    • 楽々Frameworkを導入したが利用方法がわからない
    • 標準化、進め方など、楽々Frameworkを有効活用する開発手法がわからない
    • 自社にて、開発はしてみたものの、開発生産性も上がらず、
      通常の開発期間と変わらない
  • 02 導入効果

    • プロジェクト開始時からの支援(上流設計が重要)により、
      期間短縮、工数削減を実現し、プロジェクトを予定通りに成功
    • 楽々Frameworkの開発手法(DOAに基づく設計、楽々Frameworkが自動生成する
      様々なプロトタイプ・画面処理パターンのガイド)の支援ならびに、開発時における
      楽々Frameworkの持つ様々な機能ガイドにより、飛躍的に生産性が向上
    • 自社の開発標準(各種設計書、推奨設定、ネーミング規約、コーディング規約)の
      構築をガイドし、定着化を実現
  • 03 導入されたお客様

    国内大手製造業

  • 04 概念図

  • 05 ダウンロード資料

資料請求フォーム

資料はフォーム入力後にダウンロードできます

    会社名

    必須

    役職

    お名前

    必須

    メールアドレス

    必須

    電話番号

    CONSULTING コンサルティング

    一覧へ戻る